ワンちゃんがこんな症状になったら要注意!!


最近はペットの住環境も発達し、食生活も改善されたおかげでワンちゃんたちの寿命も昔に比べたら伸びたといわれています。やっぱりワンちゃんも元気が一番ですね!それでも大事なワンちゃんが病気になってしまうこともあるかもしれません。

ワンちゃんたちが健康に生活できるように、下記の症状になったらすぐ病院へ連れて行ってあげてくださいね。

便秘になる

便秘が2~3日以上続く時は病気や怪我が疑われます。

急激に痩せる

これは人間と同じように急激に痩せてしまった場合はない消化器系の病気が疑われます。
食べているのにやせたり、おなかがやせたりした場合も要注意です。

熱がある

なにかの中毒・熱中症等、いろいろな病気が疑われます。運動後の一時的な発熱を除き異常が疑われる場合は、至急病院へつれていきましょう。異常な発熱の場合は体を冷やしながら病院へ連れて行ってください。

せきがでる・呼吸が正常じゃない

フィラリアや呼吸器系の病気の可能性があります。至急病院へ連れて行きましょう。

皮膚がおかしい

皮膚炎やアトピーの可能性があります。獣医師の診断を受けましょう。

目がおかしい

目が白く濁っていた場合は白内障の可能性があります。その他にも眼球が痙攣していたりすると緑内障の可能性があります。目に異常があると思った場合は必ず病院へ行きましょう。

その他にも耳がおかしい・よだれが止まらない等、ワンちゃんがいつもと違った症状の場合、病気や怪我の可能性があります。必ず獣医師の診断を受けましょう。人の言葉をしゃべれないワンちゃんの健康を守るのは皆さんの役目です!

※上記はあくまで参考となります。ペットに異常があった場合は必ず獣医師の診断をうけ、指示に従ってください。


当コンテンツは、提携ライターによるものであり、ルシアンおよび当サイト運営会社の意見、見解などを示したものではございません。

カテゴリー: 病気   パーマリンク

コメントは受け付けていません。